協会設立の経緯と事業・組織
設立と事業

一般社団法人 北海道林業機械化協会は、昭和32年に発足した「社団法人林業機械化協会北海道支部」が
前身ですが、更に北海道における強力な林業機械化の推進母体が必要ということになり、官民協力のもと
昭和43年に設立されました。
 当協会は「社団法人林業機械化協会」と緊密な連携をはかり北海道における林業の機械化及び林業経営の
合理化を強力に推進し、本道林業の振興に寄与することを目的に、次の事業を行っています。

 (1)林業機械化の促進及び林業機械工業の振興に関する具体的な方策の立案及び
    その実現に必要な事業
 (2)林業機械の利用状況及び能率の調査
 (3)林業機械化の推進を円滑に進めるために必要な諸問題の調査
 (4)林業機械化についての経営及び技術の改善、診断並びに指導相談
 (5)林業機械の普及並びに導入及び修理管理の指導
 (6)林業機械技術者、技能者の技術向上のための講習会の実施
 (7)講習会などの開催または講師の派遣
 (8)官公庁からの委託を受けた業務の実施
 (9)林業機械化推進に関する資料の収集及び刊行物の発行
(10)その他協会の目的達成に必要な事項

組織

役 職 員               (令和2年5月18日現在)

 役 職 名  氏   名  所  属  団  体 
 会   長  松原  正和  松原産業株式会社
 副 会 長  八代 研治 十勝広域森林組合
 理   事  遠藤 芳則 北海道森林組合連合会 
  〃  萩原 祐一
北海道木材産業協同組合連合会
  〃  鹿原 勝博 日本キャタピラー合同会社 
  〃  棚瀬 敦士 コマツカスタマーサポート株式会社
  〃  宮坂 宏樹 株式会社新宮商行 
  〃  小野寺 成一 イワフジ工業(株)
  〃  三浦 務 王子フォレストリー株式会社 
  〃  黒瀧 勉 住友建機販売(株)北海道・東北総括部 
  〃  佐藤 稔 株式会社旭友興林 
  〃  齋藤 斗志郎 日立建機日本株式会社北海道支社
  〃  三津橋 央 三津橋産業株式会社 
 監   事  大堀 尚己 公益社団法人北海道森と緑の会 
  〃  齋藤 茂生 株式会社澄川工作所 
 事 務 局 長  藤八 雅幸  
 事 務 部 長  梅井 敏則  
戻る